D-NUGGETS
ディーナゲッツ大阪プレイオフとシーズンリーダー!

皆様こんにちは!

ディーナゲッツ大阪の吉田です。

いよいよNBAもプレイオフに入ります!

nba%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%952018.jpg

今年はロケッツが本命でしょうか。

いやー、ラプターズも初めてカンファレンス1位になったので注目したいところです!

そして各スタッツリーダーも発表されました!

一応わたくし、シュートにこだわっておりますので、まずは得点王からご紹介!

2018NBA%E5%BE%97%E7%82%B9%E7%8E%8B.jpg

1試合平均30.4得点!

シーズンで唯一の平均30得点を超えたジェームズハーデン!

彼のステップバックからのシュートはもはや止めることはできません。

レッグスルーからドライブイン、そしてユーロステップ!

わかっていても止めれないのでしょうね。

今シーズン出場ゲームは72ゲーム!長丁場のシーズンでこの記録は素晴らしいです!

そしてフィールドゴール成功率!

2018NBA%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB.jpg

ハーデンと同じヒューストンロケッツのクリントカペラ!

おそらくハーデンが引きつけてカペラにアリウープパスというのが多かったかもしれません。

そのフィールドゴール成功率は65.2パーセント!

とんでもない数字ですね!NBAのインサイドプレーヤーはダンクが多いので数値は上がり
ますが、当たり前のように、確実にダンクにもって行けるNBAプレーヤーはやはりその辺の
インサイドプレーヤーとはちょっと違うのでしょうね。

そしてフリースロー!

2018NBAFT.jpg

はい、シュートといえばこの人!ステファンカリー!

その確率は92.1パーセント!

ほとんど入ります!

ウォーリアーズの得点源でもあるカリーはフリースローをもらう事も多く
ハンドリングも良いのでやはりシュートは上手いですね!

そして最後にスリーポイント成功率!

2018NBA3%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88.jpg

ペイサーズのダレンコリソン!

その確率は46.8パーセント!

これもすごい数字ですね!

国際ルールよりも遠いNBAのスリーポイントラインの距離でこの確率はとんでもないです。

NBAはトップ30が全員40パーセントを超えているとこもすごいところですね。

このシーズンリーダーには規定数があり、ある一定の基準を満たしていないとランクイン
されません。
例えばレギュラーシーズンで1本中1本で100パーセントではランクインしないのです。

スリーポイントであればシーズンで55本以上決めていなければいけません。

打った本数が多ければ確率も下がるものですが、その中でも素晴らしい数字を残している
のがステファンカリーとクレイトンプソン!

スプラッシュブラザーズです!

上位25人のなかで500本以上打って、40パーセントを超えているのがこの2人のみ!

これまでシュートに関して記録を残してきたこの2人ですがこれからも注目していきたい
ですね!

NBAプレーオフは明後日15日から!

今年はどこが優勝するのでしょうか!

注目です!

本日も22時まで営業しております!

皆様のご来店お待ちしております!

ディーナゲッツ大阪
大阪府堺市東区日置荘田中町227-5
072-350-5529

大阪府堺市にあるエンジョイバスケスクール!
小学生、中学生、高校生対象!
初心者大歓迎!
無料体験随時募集中!

2018年04月13日
ディーナゲッツ大阪プレイオフとシーズンリーダー!

2018年04月12日
ディーナゲッツ北海道「筋トレと札幌大学を倒せ!」

2018年04月12日
ディーナゲッツ愛知「Bリーガー突如来店。」

2018年04月12日
ディーナゲッツ トレッサ横浜「新学期」

2018年04月12日
ディーナゲッツ大阪海外から!

新着情報

2018年04月

2018年03月

2018年02月

2018年01月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

アーカイブ